季節に合わせて選ぶ

ウェディングドレスを選ぶ時のポイント

結婚式でウェディングドレスを着ることは、多くの女性が望むことと言われています。最近では、挙式スタイルの多様化に伴って、以前には無かったタイプのウェディングドレスが増えてきました。 しかし、挙式や披露宴を行う会場とのバランスを無視して選ぶのは避けることです。天井が高くてバージンロードが長い教会で挙式する場合は、トレーンが長いボリュームのあるウェディングドレスが合います。一方で、小さな教会で挙式するなら、軽やかなウェディングドレスの方がいいです。最近増えてきているレストランやゲストハウスでの挙式なら、動きやすいデザインのウェディングドレスがよく選ばれています。また、季節に合わせて選ぶのも重要なポイントです。

レンタルするか購入するかに分かれる

ウェディングドレスはレンタルする人、購入する人に分かれます。レンタルする場合は、購入するよりもリーズナブルです。ホテルや専門式場で挙式をすると、ウェディングドレスのレンタル代を割引きしてくれることがほとんどです。または、最初からパックプランにレンタル代が含まれていることもよくあります。 ウェディングドレスを購入する時は、セミオーダーかオーダーメイドが多いです。挙式までに比較的時間がある人で、こだわりたいと言う人の大半がオーダーメイドにしていると言われています。 海外で挙式をして、帰国してからパーティーを行うと言う人は、その都度レンタルするよりも、購入した方が安くなる可能性が高いので、一度比較してみましょう。